セミナー/教材/書籍/イベント/研修

  1. エンパシーライティング1DAY講座

    【開催報告】エンパシーライティング1DAY講座

    日本全国(+中国)から、76名の方にお集まりいただいた、4月29日(土)開催の『エンパシーライティング1DAY講座』。新しいエンパシ…

  2. なぜ3つの「解消」で売れるようになるのか?

    なぜ3つの「解消」で売れるようになるのか?

    あなたが何かを販売するときには、顧客への理解がなにより大切ですよね?つまり「顧客心理」・・・はぁ、なんだか、どこまでも出口の…

  3. 岩佐さん『売れる文章術』

    【事例】起業家の夜も寝れない不安から、2割の実践で脱出

    以前『エンパシーライティング1DAY講座』にご参加いただいた岩佐和紀さんがフェイスブックで投稿してくださった内容を読んで、体がプルプルと感動…

  4. 執念三兄弟

    【暴露】ベストセラー3冊の知られざる共通点とは?

    本日6月21日で、『6分間文章術』の出版から丸3年。節目なので大暴露します。ふふ。・最強のコピーライティ…

  5. 開催2ヶ月前に満席になったランディングページの秘密

    開催2ヶ月前に満席になったランディングページの秘密

    講座やコンテンツに磨きをかけようと先月末に書籍を25冊ほど、ドサドサっと一気に読みました。テーマは、セールスライティング。そ…

  6. ホームページ作成WiX

    これはいい!クールなスマホ対応ランディングページが簡単、無料でつくれるサービス

    私の長年の<大きな悩み>が解決されそうです。その悩みとは、エンパシーライティングで共感を結果につなげる文章が書けるようになっても、そ…

  7. 誰でも売れるセールスレター(LP)が書けますか?

    誰でも売れるセールスレター(LP)が書けますか?

    答えは・・・「イエス」&「ノー」歯切れ悪くてごめんなさい。まぁまぁ、つづきを聞いてくださいませ。&n…

  8. ダイヤフェア「私が薦めるこの1冊」

    2年連続!『6分間文章術』が、ダイヤフェア2015で選ばれました

    なんと、今年もダイヤフェアに選んでいただきました!(多謝)昨年のフェアの記事:全国500店舗で盛大に!『6分間文章術』が、ダイヤフェ…

  9. 20150920_エンパシーライティング1DAY講座

    顧客満足は、自分のビジネスのため。

    私は「顧客満足」がビジネスそのものだと思っています。つまり、最も重要な位置づけに置いているわけです。…

  10. なぜ、講座集客(セミナー集客)は4回目を基準にするのか?

    なぜ、講座集客(セミナー集客)は4回目を基準にするのか?

    セミナー事業をされている方の、一番の悩みは「集客」です。ひと口に集客といっても、人と人の出会いでの場でもあるセミナー(講座)において…

  11. 『6分間文章術』

    『6分間文章術』を出版して2年間で起こったこと。

    『6分間文章術』が出版されて、本日6月21日で、丸2年目が経ちました。誕生日、おめでとう^^こんにち…

  12. 会話

    神田昌典さんと中野巧の対談収録

    先日、神田昌典さんと対談収録をさせていただきました。僕がインタビューアーとして神田さんにお話しをお聞きした感じ。…

ピックアップ記事

  1. 会話
  2. ツールのマトリックス
  3. ブランド構築の7つの要素

最近の記事

  1. 高城康さん
  2. ブログネタに困ったら……この1枚。
  3. 鮎田奈央海さん
  4. エンパシーライティング1DAY講座

ピックアップ教材

homestudy_banner

homestudy_banner

ラインナップ(エンパシーライティング)

フェイスブック(facebook)

▼中野巧の個人ページ

chart_facebook

フェイスブック【フォロー】で最新情報をチェック!




▼フェイスブックページ(facebook page)

ツイッター(twitter)

YouTubeチャンネル

アーカイブ

  1. フェイスブックアクティビティ検索01

    人気記事

    フェイスブックで自分の過去投稿を一発で検索する方法
  2. life

    人気記事

    ダメな文章(ダメ文)34選。とほほ…の、売れない!文章術
  3. 人気記事

    WordPressテーマの選び方(無料/有料テーマを厳選)
  4. 人気記事

    【ネット集客】webで集客アップする方法を公開
  5. 人気記事

    【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?
PAGE TOP