20150920_エンパシーライティング1DAY講座

エンパシーライティング

顧客満足は、自分のビジネスのため。

Pocket
LINEで送る

 

サラッと読むと誤解されてしまうかもしれないので、飛ばし読みしてほしくない記事です。

「だったから書かなかればいいじゃーん」

なんて声が聞こえてきそうですが、まぁまぁそんなこと言わずに、大切なことですから、3〜4分時間をつくって読んでください、ね。

 

こんにちは、中野巧(こう)です。

 

■「顧客満足」というお題目

「顧客満足を目指しましょう!」

みたいなスローガンが、「一日一善」といった標語のように、言葉だけがぽつんと取り残されていることってありますよね。

 

私は「顧客満足」が「ビジネスそのもの」だと思っています。

つまり、最も重要な位置づけに置いているわけです。

 

ですが、それは決して標語ではありません。

なぜなら、「顧客満足」=「自分のビジネスのため」だからです。

「顧客満足」のために「顧客満足」を目指すと、きっとうまくいかない。

ちょっと、ややこしいですが・・・

 

抽象的で捉えづらい「顧客満足」という概念をいくら高らかに叫んでも、

・そもそも「顧客満足」とは何か?
・具体的に何をすればいいのか?
・そこにエネルギーをかける意味

を理解し、行動レベルに落とし込まなければ、現実は何も変わりません。

「顧客満足」というお題目が、ふわふわと空中に浮かんでいるだけです。

 

 

■顧客満足は、自分のビジネスのため。

私は「顧客満足」=「自分のビジネスのため」と思っています。

なぜなら、長期的にビジネスを発展・成長させようと思ったら、それ以外にないんです。

 

カンタンに書くとこうなります。

◎家族が一番大切(エゴ)
↓ そのために・・・
◎ビジネスがうまくいくことが大切
↓ そのために・・・
◎お客さんを増やしたい
↓ そのために・・・
◎お客さんに期待以上の満足を提供する
↓ そのために・・・
◎顧客満足度をアップする

と、こんな感じですね。

 

「家族を大切にすること」=「顧客満足度アップ」

という式なので、家族がハッピーでいるために、「顧客満足度」を高めたいんです。

 

もちろん、お客さんに喜んでもらいたいという気持ちもあります。

そこに、自分のエゴが加わるから、強力なエンジンになります。

 

 

■ なぜ4年間、満席が続いているのか?

たとえば、エンパシーライティングの講座を例に挙げさせてもらいますね。

エンパシーの講座をはじめて4年間。

その間に開催したすべての講座は、ありがたいことに多くの方にご参加いただいています。

特に講師をしている仲間からは、ちょっと <バケモノ> 扱いされています(汗)。

 

20150920_エンパシーライティング1DAY講座

2015年9月20日 エンパシーライティング1DAY講座に全国からご参加いただいた80名の集合写真

 

また、再受講してくださる方もとても多く、先日の1DAY講座に再受講いただいた方からは、

「どんどん進化しちゃうから、毎回来なくちゃダメですね〜笑
なんて、ニコニコと言っていただきました。
(こういうお声ってほんとうれしんですよね)

 

半年ぶり、2015年10月24・25日(土日)に「年内最後」の開催となる
エンパシーライティング・マスター講座

 

第1回目を開催するまでに、9ヶ月間かかって完成させたのですが、その後13回の開催の中で、大幅にブラッシュアップされました。

 

今回の10月講座で14期になる講座テキストを1期のそれと比べてみると・・・

◎132ページ → 399ページと【3倍】になっているのは、先ほどのエンジンがあってこそです。

 

伝え方やワークの仕方、ノウハウの洗練度など、随時最新情報がプラスされていますが、

@@@

他の人には書けない
あなたの世界観を語ることで、
あなたに共感するお客さんが
あなたの目の前に現れる

@@@

という本質は何ひとつ変わっていませんので、すでにご受講の方もご安心ください。

 

今回は年内最後の開催となりますのでお席数を多めにご用意しています。

ですので、1〜2日で埋まってしまう、ということはないと思いますが、参加を決められている方はお早めのお申込みをオススメいたします。

ぜひ、ご参加ください。

 

◎2015年10月24・25日(土日)
┗年内最後の、マスター講座となります

▼エンパシーマスター講座(詳細・お申込み)
http://www.empathywriting.com/ss/ewm/index.php
※1万円割:残席1
※ホームスタディセット:残席2

当日、あなたとお会いできるのを楽しみにしております。

 

追伸:この場をかりて、スタッフの方へのお詫びと感謝
テキストはまとめて発注したいという運営側からは、渋い顔をされているのですが、毎回テキストが改善されたり、増えていくので、講座毎にテキストを印刷しています。経費かかってすみません。

そして、いつも快適な場をありがとうございます!

 

.

今、このブログをお読みのあなたにオススメ
2万5000人の定番コピーライティングノウハウが無料!
▼ 詳しくはこちら ▼

ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

Pocket
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?
  2. エンパシーライティングの6大ツール・マトリックス
  3. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  4. 5つの配信メディアと2つのライティング手法
  5. ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)

関連記事

  1. レセプション01

    エンパシーライティング

    神田昌典さんのレセプションで年間MVPを発表

    先日、神田昌典さん主催の大レセプションが開催さ…

  2. 『売れる文章術』pop02
  3. 201403日経新聞広告
  4. snowboard

    WEBマーケティング

    グーグルやフェイスブックのプラットフォームに依存しない3つの方法

    グーグル、フェイスブック、ツイッターなどなど、イン…

  5. コンテンツとセールスの「線」をマーケティングで「面」にする

    よくある質問

    コンテンツとセールスの「線」をマーケティングで「面」にする

    こちらの動画(ブランド構築の7つの要素)について、…

  6. メリットの先に「売れる」がある。

    コピーライティング・文章作成

    メリットの先に「売れる」がある。

    実は、売れるか、売れないかは、ほんの些細な違いだっ…

今、このブログをお読みのあなたにオススメ

2万5000人の定番コピーライティングノウハウが無料!

▼ 詳しくはこちら ▼


ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

ひと足先に、無料プレゼントをご活用の方から感想(コメント)をいただいています!



>>>こちらをクリックして、いますぐ【穴埋めテンプレート】を手に入れる!

『6分間文章術(中野巧著 ダイヤモンド社)』『売れる文章術(中野巧著 フォレスト出版』


1ヶ月で3万部!アマゾン総合1位獲得!
『6分間文章術 ―― 想いを伝える教科書』
(中野巧著 ダイヤモンド社)

Amazonでチェック

詳細をチェック


アマゾンの2つのカテゴリで1位獲得!

『売れる文章術』
(中野巧著 フォレスト出版)

Amazonでチェック

詳細をチェック

ピックアップ記事

  1. ブランド構築の7つの要素
  2. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  3. 会話
  4. メディア比較表02

最近の記事

  1. ランディングページ(LP)作成は商品・サービスや顧客、そして会社について深く理解するためのプロセス
  2. メルマガ解除やLINE@のブロックが怖いです
  3. コンサルタントとして独立するための2つのポイントと盲点
  4. キャッチコピーの作り方とコツとは?3ステップの具体的な事例をご紹介

アーカイブ

  1. 人気記事

    【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?
  2. ブランド構築の7つの要素

    人気記事

    ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)
  3. life

    人気記事

    ダメな文章(ダメ文)34選。とほほ…の、売れない!文章術
  4. 会話

    人気記事

    神田昌典さんと中野巧の対談収録
  5. フェイスブックアクティビティ検索01

    人気記事

    フェイスブックで自分の過去投稿を一発で検索する方法
PAGE TOP