コピーライティング・文章作成

「ゼロ」からはじめるビジネス・シミュレーション

Pocket
LINEで送る

いま、まったくのゼロからビジネスをはじめるとしたら、どういった手順で、何をするかを考えてみました。

読んでいただくことをあまり意識せずに書いていますが、「ゼロ」から自分ビジネスを広げていこうと思っている方には、ヒントになるかもしれません。

 

■何をさておき文章(ライティング)

まずは、何をさておき、『文章(ライティング)』を学びます。

文章なくして、ビジネスを飛躍させることはできないからです。

「コンテンツ イズ キング」とか「インバウンドマーケティング」とか、8年前から、僕らが当たり前のように実践してきている(つもり)ことなので、いまさら何を、的なツッコミを入れたい気分ではありますが・・・、役立つ情報の価値がますます重要になる時代は大歓迎です。

 

仮に、いま、『文章を使わずにビジネスを軌道に乗せてください』と言われたら、正直なにもできない。

メルマガも書けなければ、ブログもない、コンテンツ(商品)を伝える言葉を持たないことになりますから、本当になにもできない。

 

もちろん、あなたの存在を伝える方法は文章だけではありませんが、動画だって、音声だって、シナリオという意味では、すべて文章が基本です。

ウェブを使ってビジネスを広げたいと思った瞬間、文章スキルは必須となります。

だからこそ、何をさておき、文章スキルを身につけます。

 

 

■文章スキルアップには、「エンパシーライティング」が一番の近道

では、文章スキルを高めるために何をするか?

もし、そのときにエンパシーライティングを知っていたら、絶対に学びます。

自分でいうのは、説得力がないことは百も承知ですが、それでも、これだけは必須だと、強く確信しています。

 

そして、練習として、ブログをはじめたり、フェイスブックへの投稿で、自分の文章のフィードバックを得ます。

ブログが順調に進んできたら、メールマガジンをはじめますが、メルマガに登録してくださる方へのプレゼント(無料オファー)などを、いままでのブログ記事などを振り返りながらつくれば、登録率があがりますね。

 

その無料オファー(PDFなど)を喜んでくれる方が、楽しみにしてくれるメルマガやブログ、フェイスブックで情報配信をしていけば、それら一連のつながりが、良質なプラットフォーム(メディア)になります。

 

 

■マーケティングをしながら、プラットフォームの精度をあげる

プラットフォームのカタチがある程度できてきてから、はじめて次のことを学びます。

それは、『マーケティング』

 

マーケティングを学んでから、ブログやメルマガなどをはじめた方が、ベターなのですが、残念ながら多くの場合、結局何もしないで終わることがほとんどです。

それであれば、走りながら、見切り発車であったとしても、まずははじめてしまってから、学んだ方がよほど効率的ですし、新しい現実がつくりだせます。

 

マーケティングは、講座に参加したり、書籍を何冊か読めば、まずは十分でしょう。

いままでやってきた積み重ねがあるので、驚くほど実践的に知識を吸収できるはずです。

 

メルマガの登録者が増えてきたら、読者がハッピーになる商品を紹介したり(商品がなければアフィリエイト)することで、あなたへの信頼度合いや、文章に置けるセールススキルが、どの程度あるかがわかってきます。

 

マーケティングで学んだ知識や、ユーザーにとってハッピーな導線を考えながら、ステップメールをつくったり、SEOやSEMなどでアクセスを増やし、効果測定しながら、プラットフォームの精度をさらにあげていきます

 

プラットフォームの精度が高まることで、ビジネスとしての売上げもみえてきますので、マーケティングの試作をすればするほど、ビジネスがまわりはじめます。

 

 

■コンテンツ(商品)開発

人が集まり、売れるプラットフォームができたら、新しく商品を開発してもいいでしょう。

これまでの情報配信でどういった情報が、あなたの市場に求められているかが、体感覚で感じてとれていますので、あなたに求められる商品を生み出すことができるようになっています。

 

つまり、この段階で学ぶことは、『コンテンツ(商品)開発』です。

価値ある情報・ものを、どのようにカタチにし、どのように伝えれば、ハッピーな未来を届けることができるのか、は十分に経験してきています。

 

●ライティング
●マーケティング
●コンテンツ開発

という3本柱あれば、あなたのビジネスは循環しはじめます。

 

ライティングスキルを高めることで、マーケティング効果が増し、マーケティングをすることで、市場のニーズを感じることができるので、コンテンツ開発にもつながる。

コンテンツ開発で生み出した商品をライティングスキルを使って、広めていけば、あなたのビジネスサイクルができあがります。

 

このサイクルを体で覚えてしまえば、別のコンテンツ(商品)や市場だとしても通用しますので、あなたのメンタルも安定しながら、ビジネスを飛躍させることができます。

もちろん、あなたのビジネスだけではなく、再現性があるので、他の人へのアドバイスもできるようになります。

 

ということで、まず、何はさておきライティング——手前味噌ですが、エンパシーライティングを学ぶことが、近道だと思うのです。

 

 

ps.

僕のメルマガ/ステップメール、無料プレゼントはこちらです。参考までに。

【無料】穴埋めキャッチコピー365 × 穴埋め文章作成テンプレート

 

.

今、このブログをお読みのあなたにオススメ
2万5000人の定番コピーライティングノウハウが無料!
▼ 詳しくはこちら ▼

ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

Pocket
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)
  2. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  3. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート
  4. 神田昌典さんと中野巧の対談収録
  5. 5つの配信メディアと2つのライティング手法

関連記事

  1. レセプション01

    エンパシーライティング

    神田昌典さんのレセプションで年間MVPを発表

    先日、神田昌典さん主催の大レセプションが開催さ…

  2. コピーライティング・文章作成

    ブログやメルマガで読まれる『タイトル』の作り方

    ブログやメルマガで、読まれるために、なにが一番重要かと言えば、タイトル…

  3. speed

    エンパシーライティング

    流行の歌詞にみる時代変遷と「2軸」でコンテンツ開発する重要性

    昨日までの常識が、今日ひっくり返ってしまうほど今の時代の変化は、本当に…

  4. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート

    人気記事

    [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート

    早速ですが、問題です。あなたの文章が最後ま…

  5. 価格戦略で売上げを110%アップする事例と法則とは?

    WEBマーケティング

    価格戦略で売上げを110%アップする事例と法則とは?

    「価格戦略」は、ビジネスそのもの。価格設定…

  6. ブログをフェイスブックに乗り換えても上手くいかない5つの理由
今、このブログをお読みのあなたにオススメ

2万5000人の定番コピーライティングノウハウが無料!

▼ 詳しくはこちら ▼


ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

ひと足先に、無料プレゼントをご活用の方から感想(コメント)をいただいています!



>>>こちらをクリックして、いますぐ【穴埋めテンプレート】を手に入れる!

『6分間文章術(中野巧著 ダイヤモンド社)』『売れる文章術(中野巧著 フォレスト出版』


1ヶ月で3万部!アマゾン総合1位獲得!
『6分間文章術 ―― 想いを伝える教科書』
(中野巧著 ダイヤモンド社)

Amazonでチェック

詳細をチェック


アマゾンの2つのカテゴリで1位獲得!

『売れる文章術』
(中野巧著 フォレスト出版)

Amazonでチェック

詳細をチェック

ピックアップ記事

  1. life
  2. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  3. ブランド構築の7つの要素
  4. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート

最近の記事

  1. スマホアプリの50%はPWAになる!?エンパシーライティングのスマホアプリもPWAで公開
  2. ランディングページ(LP)作成は商品・サービスや顧客、そして会社について深く理解するためのプロセス
  3. メルマガ解除やLINE@のブロックが怖いです
  4. コンサルタントとして独立するための2つのポイントと盲点

アーカイブ

  1. 会話

    人気記事

    神田昌典さんと中野巧の対談収録
  2. フェイスブックアクティビティ検索01

    人気記事

    フェイスブックで自分の過去投稿を一発で検索する方法
  3. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート

    人気記事

    [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート
  4. 人気記事

    WordPressテーマの選び方(無料/有料テーマを厳選)
  5. メディア比較表02

    コピーライティング・文章作成

    5つの配信メディアと2つのライティング手法
PAGE TOP