コピーライティング・文章作成

映画『スティーブ・ジョブズ 1995 ~失われたインタビュー~』の特別映像を観て、うなった言葉。

Pocket
LINEで送る

映画『スティーブ・ジョブズ 1995 ~失われたインタビュー~』の特別映像

まずは、こちらをご覧ください。

20年先を行っている人の、頭の中が強烈なインスピレーションにつながります!

 

 

私が、うなった言葉を引用します。

しかし、すごいアイデアから優れた製品を生み出すには、大変な職人技の積み重ねが必要だ。

それに製品に発展させる中でアイデアは変容し、成長する。

細部を詰める過程で多くを学ぶし、妥協も必要になってくるからね。

電子、プラスチック、ガラス、それぞれ不可能なことがある。

工場やロボットだってそうだ。
だから製品をデザインする時には、5000のことを一度に考えることになる。

 

大量のコンセプトを試行錯誤しながら組み替え、新たな方法でつなぎ、望みのものを生み出すんだ。

そして未知の発見や問題が現れるたびに全体を組み直す。

そういったプロセスがマジックを起こすのさ。

動画の 3:23〜 からの引用

 

この動画をみて、感じたことをつらつらと書きますね。

 

 

“ある程度適切な方法で、“量”をこなせ

「文章をうまくなりたい」

文章に限らず、何かにおいて、秀でたいと思ったら、それはシンプルです。

“ある程度適切な方法で、“量”をこなす。

結局、これが一番手っ取り早いです。

 

“ある程度”と書いたのは、完璧な方法にこだわるあまり、一歩も踏み出せなくなるから。

一切のムダをなくしたいという思いが、心を完璧主義に向かわせますが、そもそも完璧な方法なんてないですし、もしあるとしても、それは実践の先、さらにその先にあるのだと思います。

やってみなければ、なにも起こりません。

 

ですから、文章がうまくなりたいなら、書き続けることです。

エンパシーライティングを学んだ人であれば、それが“ある程度適切な方法”ですので、エンパシーチャートを何枚も書いてみてください。

スポ根ではありませんが、“量”をこなすことは、やはり重要です。

 

 

■「手を抜かなくてよかった」と思う瞬間

エラそうなことは言えませんが、自分への戒めとして、書かせてください。

何かに取り組んだときに、“手を抜かない”方がいいです。

量をこなすことと、相反するようですが、ここ一番のときには、できる限りの力を投入して“手を抜かない”。

 

ここでいう「手を抜く」というのは、もっとできるのに、目指すところはもっと先なのに、「まぁこれでいいやっ」と中途半端に終わらす、という意味です。

もしも、「信頼」が、かけ算のように積み重なっていくとすると、「手を抜く」というのは、0.980 のような1以下の数字をかけることになります。

「信頼」が、どんどん減っていく。

繰り返していると、人からの「信頼」が減ってしまうこともマイナスですが、なにより「“自”分」への「“信”頼」、つまり『自信』がなくなってしまう

 

たとえば、あなたが仕事を依頼したとき、期待の1.5倍の内容でかえってきたら、またその人にお願いしようと、「信頼」が積み重なりますよね。

逆に、期待を下回るときには、頼まなければよかった、次は別の人に・・・となり、「信頼」が崩れます。

 

期待以上の仕事をしようとすれば、自分にストレッチがかかり、成長のチャンスをつかめます。

私も、振り返ってみてあのとき「手を抜かなくてよかった」と思うことがたくさんあります。逆の後悔もたくさんありますが。。。

 

Aのことに、手を抜くと次に、A’の仕事が来たときにも、同じかそれ以上の労力がかかります。

しかも、手を抜くことで、やり直しや修正など、結局仕事が増える経験をお持ちの人も多いでしょう。

 

Aのことに、真剣に取り組むと、A’の仕事が来たときは、さらにクオリティの高い仕事ができます。

真剣に取り組みことで、はじめはがむしゃらでも、力の抜きどころがわかってくるので、ゴールまでの最短距離を走れるようになります。

 

ジョブスのインタビュー動画は、そう、私に教えてくれました!

 

.

今、このブログをお読みのあなたにオススメ
30,000人の定番コピーライティングノウハウが無料!
▼ 詳しくはこちら ▼

7つの穴埋めでブログが書ける魔法のテンプレ、無料or安い

Pocket
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. エンパシーライティングの6大ツール・マトリックス
  2. ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)
  3. ダメな文章(ダメ文)34選。とほほ…の、売れない!文章術
  4. 【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?
  5. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由

関連記事

  1. 文章表現と文章構成

    人気記事

    [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート

    早速ですが、問題です。あなたの文章が最後ま…

  2. Dropbox

    ツール/アプリ/日記/その他

    Dropbox(ドロップボックス)で作業環境を整える

    私は、仕事の作業環境をとても大切にしています。たとえば、外で2…

  3. 先にある「売れる」への3ステップ

    コピーライティング・文章作成

    「売れる」コピーを生み出す3ステップ

    メリットの先にある『ベネフィット』に「売れる」があ…

  4. コピーライティング・文章作成

    最先端のインプット法&最強のアウトプット力

    2004年、まだ27才のときに、受講したフォトリーディングを受講したと…

  5. 正拳突き

    コピーライティング・文章作成

    文章を上達させるのは「急所」を見極めること

    「三流の練習を100年やっても、一流にはなれない」柔道の元金メダリ…

  6. change

    仕事術・業務効率化

    人生を変える3つの方法(時・人・住)

    1.時間配分を変える2.付き合う人を変える3.住む場所を変える…

今、このブログをお読みのあなたにオススメ

30,000人の定番コピーライティングノウハウが無料!

▼ 詳しくはこちら ▼


7つの穴埋めでブログが書ける魔法のテンプレ、無料or安い

ひと足先に、無料プレゼントをご活用の方から感想(コメント)をいただいています!



>>>こちらをクリックして、いますぐ【穴埋めテンプレート】を手に入れる!

『6分間文章術(中野巧著 ダイヤモンド社)』『売れる文章術(中野巧著 フォレスト出版』


1ヶ月で3万部!アマゾン総合1位獲得!
『6分間文章術 ―― 想いを伝える教科書』
(中野巧著 ダイヤモンド社)

Amazonでチェック

詳細をチェック


アマゾンの2つのカテゴリで1位獲得!

『売れる文章術』
(中野巧著 フォレスト出版)

Amazonでチェック

詳細をチェック

ピックアップ記事

  1. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  2. 文章表現と文章構成

最近の記事

  1. スマホアプリの50%はPWAになる!?エンパシーライティングのスマホアプリもPWAで公開
  2. ランディングページ(LP)作成は商品・サービスや顧客、そして会社について深く理解するためのプロセス
  3. メルマガ解除やLINE@のブロックが怖いです
  4. コンサルタントとして独立するための2つのポイントと盲点

アーカイブ

  1. 人気記事

    【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?
  2. life

    人気記事

    ダメな文章(ダメ文)34選。とほほ…の、売れない!文章術
  3. 会話

    人気記事

    神田昌典さんと中野巧の対談収録
  4. 人気記事

    【ネット集客】webで集客アップする方法を公開
  5. ブランド構築の7つの要素

    人気記事

    ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)
PAGE TOP