青森の東北中学校でエンパシーライティング特別授業01

学校/教育

青森の東北中学校でエンパシーライティング特別授業ーその1(2015夏:認定コーチ平出ももこ)

Pocket
LINEで送る

 

エンパシーライティング認定コーチの平出ももこです。

こちらは、2015年の夏に開催した中学校でのエンパシーライティングをつかった特別授業の様子を、自分のための記録としてフェイスブックに6回にわたって投稿した文章をまとめたものです。

東北中の先生方の多大なご協力により、自由に、おもいっきり子供たちと、かかわることができました!

 

人生を自分の手で切り拓くためには自分を表現する言葉を持つことは必須です。

そのきっかけとしてエンパシーライティングが少しでもお役にたてればと思いこのプロジェクトに取り組みました。

教育にたずさわっていない方にもなにかしらお役にたつところがあるかもしれませんので、今回、こちらでもご紹介させてください。

6月25日 青森の東北町立東北中学校でエンパシーライティングの授業をしました。

2ヶ月前、東北KNOWS教育研究会の東北支部発足の記念に、コアメンバーから「エンパシーで、何かイベントをやりませんか?」とのお誘いがきっかけでした。

 

じつは、私の死ぬまでに叶えたい夢のひとつが、

『生まれ育った青森の子どもたちにエンパシーライティングを届ける』

終わった今も幸せすぎてまだ、信じられない気持ちです。

 

東北で先生をしている友だちたちの話を聞くたびに、やっぱり都会に比べると、チャンスが少ない東北の子どもたち。

エンパシーライティングで、

『書くことで、自分自身でチャンスを生み出せること』

を伝えることができるはずだけど…と機会だけはうかがっていました。

 

青森の東北中学校でエンパシーライティング特別授業02

 

中学生、70人、120分…

私にとっては、すべて初めて尽くしでしたが、不思議と不安はなくて

「きっとうまくいく!」

と、はじめから思えていました。

 

その理由は…

受けいれてくださる東北中学校の担当が水木 慈恵先生だったからです。

この特別授業を一緒に計画した 水木先生はホントに生徒さんを良く見ている先生なんです。

生徒さんの、姿勢や表情、目に見えない生徒たちの発する空気感までひとりひとりを丁寧に見てらっしゃるのがいつも伝わってきてたんです。

 

そんなに水木先生との打ち合わせの中で、

「昨日、生徒のスピーチ聞いてて思ったこと。表面的なことは言えるけど、熱を感じる自分の内面を伝える文章が書けない。だから聞き手の心を揺さぶることがないです…これを何とかしたいんです」

このメッセージを読んで、エンパシーライティングはきっと役に立てると確信しました。

 

それと同時に、この話しを、もう少しくわしく聞きたくて、日帰りで水木先生に会いに三沢に行きました。

そこで、なぜ生徒さんたちの文章から熱が奪われたのか、原因を知ることができたんです…

実際の授業の2週間前のタイミングで下見 & 打ち合わせできたのは、本当にラッキーでした!

水木先生と、じっくりお話ししながら、寄り添いマップ、エンパシーチャートを描いて、当日のイメージを作ることができました。

1番の収穫は、生徒さんの作文やテストを見せていただいけたことです。

 

どれもほぼ同じ構成で、テーマに関わらず、感情をあらわすコトバが少なく、一生懸命は伝わるけれど読んでて、なぜだか…スーッと寂しい気持ちになってくる…。

ひとことでいうと『色』がないモノトーンの世界。

一瞬…どうしようかなと戸惑いましたが、きっと、文章を書くことは楽しくないし、なんなら苦痛で、だから、静かに自分を閉ざして文字を並べてるだけ。

それならまず、思いきりワクワクするような楽しい授業をして、そのときだけでも、扉をあけてもらおう。

 

青森の東北中学校でエンパシーライティング特別授業01

 

そして、正しい作文は書けるようにはならないけど、自分も読み手もハッピーになる文章がカンタンに書けるようになる、エンパシーライティングの種を彼らの中に投げ入れることができたら、それがきっかけで、何かが変わっていくかも!?

そんなコンセプトのもと、水木先生と、
・1週間前に予習も兼ねての同じテーマでの作文の授業してもらう
(エンパシーライティングとの比較を感じてもらうため)
・イラスト満載のオリジナルテキストの作成
・小道具の準備(音楽、キャディークッシュボールやオモチャ)

など、具体的なことがバシバシ決まった、実りある時間でした。

 

そして、水木先生のご厚意で授業の前日は、水木先生のお宅に泊めていただき、さらに、生徒さんについての情報をお聞きしつつ作戦会議!

夕食は、青森でしか味わえない新鮮なホヤや帆立を山ほどご馳走になり、元気に当日をむかえることができたのです。

 

青森の東北中学校でエンパシーライティング特別授業ーその2に続きます。

 

.

今、このブログをお読みのあなたにオススメ
30,000人の定番コピーライティングノウハウが無料!
▼ 詳しくはこちら ▼

7つの穴埋めでブログが書ける魔法のテンプレ、無料or安い

Pocket
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 5つの配信メディアと2つのライティング手法
  2. ブログやメルマガをはじめる文章力の基準は?
  3. フェイスブックで自分の過去投稿を一発で検索する方法
  4. 【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?
  5. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由

関連記事

  1. 青森の東北中学校でエンパシーライティング特別授業05
  2. 品川女子学院写真02

    エンパシーライティング

    品川女子学院での、エンパシーライティング特別授業レポート

    メルマガバックナンバー@エンパシーデザイン・ラボ通信(2013年10月…

  3. 都立高校での講演01

    セミナー集客

    寄り添いマップで、高校生による大プレゼン大会

    1月9日、2015新年初の講演として、ある都立高校…

  4. 『6分間文章術』中学生と一緒に読書会

    エンパシーライティング

    『6分間文章術』中学生と一緒に読書会

    @李 春明さんのフェイスブックウォール(2013年12月6日)より…

  5. ツール/アプリ/日記/その他

    ついに「夢は紙に書くと叶う」 メカニズムが解明!

    先日、ある県立高校でエンパシーライティングの特別授業を行いました。…

  6. 学校/教育

    私の娘が作文コンクールで2位を受賞したヒミツの参考書—山口理加さん

    7年間続いている、『楽しい子育て実践会』のニュースレターで、エンパシー…

今、このブログをお読みのあなたにオススメ

30,000人の定番コピーライティングノウハウが無料!

▼ 詳しくはこちら ▼


7つの穴埋めでブログが書ける魔法のテンプレ、無料or安い

ひと足先に、無料プレゼントをご活用の方から感想(コメント)をいただいています!



>>>こちらをクリックして、いますぐ【穴埋めテンプレート】を手に入れる!

『6分間文章術(中野巧著 ダイヤモンド社)』『売れる文章術(中野巧著 フォレスト出版』


1ヶ月で3万部!アマゾン総合1位獲得!
『6分間文章術 ―― 想いを伝える教科書』
(中野巧著 ダイヤモンド社)

Amazonでチェック

詳細をチェック


アマゾンの2つのカテゴリで1位獲得!

『売れる文章術』
(中野巧著 フォレスト出版)

Amazonでチェック

詳細をチェック

ピックアップ記事

  1. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  2. life
  3. 文章表現と文章構成
  4. ブログやメルマガをはじめる文章力の基準は?
  5. ツールのマトリックス

最近の記事

  1. スマホアプリの50%はPWAになる!?エンパシーライティングのスマホアプリもPWAで公開
  2. ランディングページ(LP)作成は商品・サービスや顧客、そして会社について深く理解するためのプロセス
  3. メルマガ解除やLINE@のブロックが怖いです
  4. コンサルタントとして独立するための2つのポイントと盲点

アーカイブ

  1. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由

    人気記事

    ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  2. ブランド構築の7つの要素

    人気記事

    ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)
  3. ブログやメルマガをはじめる文章力の基準は?

    人気記事

    ブログやメルマガをはじめる文章力の基準は?
  4. メディア比較表02

    コピーライティング・文章作成

    5つの配信メディアと2つのライティング手法
  5. life

    人気記事

    ダメな文章(ダメ文)34選。とほほ…の、売れない!文章術
PAGE TOP