エンパシー・ヒーローズインタビュー

エンパシー・ヒーローズインタビュー

共感のチカラで福島は、もっと元気になる! 福島県 知事直轄広報課 川俣 顕太郎 さん★hero_024

Pocket
LINEで送る

 

メルマガバックナンバー@エンパシーデザイン・ラボ通信(2014年11月6日)より

ももこさん02
文/インタビュー:エンパシーライティング・コーチ 平出ももこ

@@@

《今週のエンパシーヒーロー》川俣 顕太郎 さん
福島県 知事直轄広報課 主査 情報発信戦略担当
県No.1フェイスブック『ふくしまからはじめよう』の担当。
福島県庁でのエンパシーライティング講座開催の企画者。
今回の講座中、一番後ろの席で、でも、どの方よりも、
熱心に、エンパシーチャートを、みっしり描いてくださる
お姿に、本当に頭がさがりました。

10万いいねを目指す『ふくしまからはじめよう』
ぜひ、あなたも10万いいねの仲間に入りませんか?
https://www.facebook.com/FutureFromFukushima

 

◆共感のチカラで福島はもっと元気になる!

……
ももこ
川俣さんの担当なさっている
福島県のフェイスブックページ
『ふくしまからはじめよう。』
5万「いいね!」達成!
おめでとうございます!

……
川俣さん
ありがとうございます!
おかげ様で、今年の9月で
5万「いいね!」を達成して、
今は、さらに「いいね!」を
グングン増やしているところなんですよ。

……
ももこ
素晴らしいですね!
では、さっそくですが、エンパシーランディングは、
何でお知りになったんですか?

……
川俣さん
去年の5月から、
情報発信戦略アドバイザーの山崎祥之さんに、
広報活動のサポートを受けていて、

その山崎さんに、いいものがあるよと、
紹介して頂きました。

エンパシーライティングは、
私たちのテーマにピッタリなんです。

私たちは、まずは
福島のことを知ってもらいたい。

でも、その先には、しっかり共感して頂き、
小さくても何か、フェイスブックに、
「いいね!」していただくなど
一歩、行動してもらうことが、
ゴールなんです。

私たちには、風評被害の払拭や、
震災の教訓を風化させないなど、
たくさんの課題があります。

でも、これを、ただ発信してるだけでは、
なかなか伝わりません。

その解決法の一つにエンパシーランディングを
取り入れたいと思ったんです。

 

 

◆伝える順番の大切さ

……
ももこ
福島県庁での、
エンパシーランディング講座は
今回で、2回目でしたが、
いかがでしたか?

……
川俣さん
前回は、広報課の職員、
今回は、生活環境部や農林水産部など、
それぞれの部の広報担当に参加して頂きました。

前回は90分という限られた時間でしたが、
今回は、みっちり3時間の講座だったので、
理解も深かったですね。

今回は特に、構成の大切さが印象に残りました。

伝える順番って大事なんだって痛感しましたよ。
これは私たち、公務員には重要なことなんです。

理論整然とキッチリ正しく
物事を並べていくのが仕事ですが、
それだけでは伝わらない場面もあるんです。

同じ内容でも、一旦、バラバラにして、
相手に合わせて並べかえるだけで、
劇的に伝わるんですよね…。

……
ももこ
本当にそうですね。
伝える順番で、相手にとっての情報の価値が
変わるのは不思議ですよね。
拒絶されたり、スッと受け入れられたり。

……
川俣
これからも、エンパシーランディングを、
継続して学んでいきたいです。

そして世界中の皆さんの、
関心を、もっと高めて、
福島を、グッと身近に感じて頂けるような、
情報発信をしていきたいですね。

……
ももこ
エンパシーランディングは、
絶対、お役に立つと思います!
これからも、よろしくお願いします!

 

 

◆キビタンが夢に出てきた川俣です

……
川俣さん
まず、私の当面の目標は、
担当しているフェイスブックページ
『ふくしまからはじめよう。』の
10万「いいね!」達成なんです。

本当に、おかげさまで、
一昨年の6月からスタートして、
5万「いいね!」を越えて、

現在は、県のフェイスブックページでは
No.1 なんです!

県内のイベント情報や、
様々な取り組みの発信がメインですが、
プレゼント企画もありますので、
ぜひ、遊びに来てください。

もちろん、記事を書く時には、
エンパシーランディングを使ってます。

記事の導入部分には、
私自身のことも身近に感じて頂けるように、
自分のちょっとしたエピソードなども
入れてますので、ぜひ、のぞきに来てください。

キビタン(福島県のゆるキャラさん)の
イベントの前日に、
キビタンが夢に出てきちゃった時には、

『昨日も夢にキビタンが出てきた川俣です』
…などですが(笑)

……
ももこ
なんだか、楽しそうですね!
さっそく拝見しますね。

今日は、ありがとうございました。

 

★川俣さんの本日のまとめ★

◆共感のチカラで福島はもっと元気になる!
川俣さんとのご縁をくださった、山崎祥之さんが講演会で、
『もっと知ってもらう努力を!
知られなければ存在しないのと同じ』とおっしゃっていました。
福島は、これから、エンパシーライティングで、
もっともっと饒舌に世界に情報発信していきます。

 

◆行動してもらう事がゴール
エンパシーライティングは、共感されて
終わりではありません。
心が動けば、必ずその先に新たな行動が生まれます。

 

◆伝える順番の大切さ
読み手が、読みたい順番に、
文章を並べかえるだけで、
読み手にとって文章の価値が変わります。
常に読み手目線を忘れないようにしたいですね。

 

◆キビタンが夢に出てきた川俣です
共感を生むには、論理と感情、両方のメッセージが
バランス良く入っていることが大切です。
でも、それ以上に大切なのは
どんなときも『あなたらしさ』です!

 

.

▼記事を最後までお読みいただいたあなたに、プレゼント!

【無料】最新&9つのアクセスアップ手法プレゼント(2クリック)
2クリックで『最新アクセスアップ手法』を体験しながら、9つのアクセスアップ手法(プレゼント)をお受け取りください。下の図のように、左上のウインドウの【許可(Allow)】をクリックして、表示される【通知】をクリックするだけで、プレゼントが受け取れます。...




Pocket
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 神田昌典さんと中野巧の対談収録
  2. WordPressテーマの選び方(無料/有料テーマを厳選)
  3. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート
  4. 【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?
  5. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由

関連記事

  1. エンパシー・ヒーローズインタビュー
  2. 「どちらのLP」投票結果は・・・

    *コピーライティング

    「どちらのランディングページ(LP)?」投票結果は・・・

    先日、「1DAY講座の新旧LPのどちらに参加したく…

  3. air-jordan-4

    *コピーライティング

    中野巧がセールスレター(LP)で強く意識する4タイプ

    売れるレターを書く上で、私が必ずチェックしている重…

  4. エンパシー・ヒーローズインタビュー
  5. システム

    *コピーライティング

    「穴埋めキャッチコピー365」バックナンバー&ワーク!もうすぐ公開(無料)

    2013年から準備していた、システムをもうじき公開できそうです!…

  6. エンパシー・ヒーローズインタビュー
★今、このブログをお読みのあなたにオススメ★

2万人の定番コピーライティングノウハウが無料!

▼ 詳しくはこちら ▼


ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

ひと足先に、無料プレゼントをご活用の方から感想(コメント)をいただいています!



>>>こちらをクリックして、いますぐ【穴埋めテンプレート】を手に入れる!

ピックアップ記事

  1. 会話
  2. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート
  3. ツールのマトリックス

最近の記事

  1. ビジネスで最大の効率化は「●●率」を上げること
  2. Programmer
  3. エンパシー・ヒーローズインタビュー

ピックアップ教材

homestudy_banner

homestudy_banner

ラインナップ(エンパシーライティング)

フェイスブック(facebook)

▼中野巧の個人ページ

chart_facebook

フェイスブック【フォロー】で最新情報をチェック!




▼フェイスブックページ(facebook page)

ツイッター(twitter)

YouTubeチャンネル

アーカイブ

  1. ブランド構築の7つの要素

    人気記事

    ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)
  2. 人気記事

    WordPressテーマの選び方(無料/有料テーマを厳選)
  3. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート

    人気記事

    [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート
  4. ツールのマトリックス

    人気記事

    エンパシーライティングの6大ツール・マトリックス
  5. 会話

    人気記事

    神田昌典さんと中野巧の対談収録
PAGE TOP