エンパシー・ヒーローズインタビュー

エンパシー・ヒーローズインタビュー

英語のエンパシーチャートが日本語の文章を磨く!?ー 末吉 大希さん★hero_026

Pocket
LINEで送る

 

メルマガバックナンバー@エンパシーデザイン・ラボ通信(2014年12月04日)より

ももこさん02
文/インタビュー:エンパシーライティング・コーチ 平出ももこ

@@@

《今週のエンパシーヒーロー》末吉大希さん
ラーニング・ストラテジーズ社公認
フォトリーディング・インストラクター。
アクセラメンツ・キャプテン。
リーディング・ファシリテーター。占星術家。
大学卒業後、システムエンジニアを経て、
留学経験を生かして、翻訳家、
セミナー講師としてご活躍中。
末吉大希さんのホームページはこちらです。

◆英語のエンパシーチャートが日本語の文章を磨く!?

……
ももこ
以前、英語でエンパシーチャートを
描いてるとお聞きしましたが、
翻訳のお仕事でお使いなのですか?

……
末吉さん
いいえ!
普通にフォトリーディング講座などの
日本語の告知文のために
英語で描いてます。

……
ももこ
えーっ?!
どうして英語で描くのですか???

……
末吉さん
私は元々、右脳型の感覚重視の人間なので、
日本語だと、フワッとした抽象的な感じの
文章になりやすいんです。

それが、英語で発想すると、自然に
論理的思考になれるのです。

講座や読書会で得られる体験って
カタチがありませんよね。

だからこそ、論理的に、しっかり、
価値を言葉にしていく必要が
あると思っています。

日本語で書いた説明が、
パッと英語に出来ないときは
自分の中に論理的に
落とし込めていないってことなので。

自分のその言葉に対する
理解度のチェックが
できるんですよね。

……
ももこ
ご自分の表現を磨くために、
英語エンパシーチャートを
使ってらっしゃるんですね!
感動しました…!

……
末吉さん
もちろん普通に、日本語でも描いてますが、
そう言ってもらえると嬉しいです~^^

 

 

◆視点が反転して頭がパンクしそうに…

……
ももこ
エンパシーライティングを学んだ、
きっかけは何だったのですか?

……
末吉さん
ちょうど2年前、
フォトリーディングという速読術の
インストラクターとして
デビューしました。

これから、どうやって自分らしく、
フォトリーディングの素晴らしさを
伝えていこうか、試行錯誤していた時、
エンパシーライティングを知りました。

開発者の中野さんが勉強会の仲間だったんです。

これは、自分の考えを広く伝えるのに、
必須なメソッドだ!と思って、
エンパシーランディング・マスター講座を
受講しました。

……
ももこ
講座中はどんな感じでしたか?

……
末吉さん
学生時代から、文章を書くのは好きで、
書けなくて困ったという
経験はなかったんです。

でも、講座の中で
今まで、誰かの目線で書くという発想が、
まったくなかったことに
気がついちゃったんです。

その後は、もう色々な気づきが
いっぱいありすぎて、
一瞬、頭がパンクしそうになりましたよ!

読み手の気持ちになって、
ネガティブに寄り添ったり、
その人が読みたい順番で伝えるだけで、
グッと伝わる文章になるのが、
すごいなーって思いました。

……
ももこ
わかります!
自分目線から相手目線に
くるっと視点が反転すると
新鮮な気づきがいっぱい出てきますよね!

受講後はどんな変化がありましたか?

 

 

◆相手の懐に、ぐっと入れたなっていう実感

……
末吉さん
私は相手の感情を汲むのが苦手というか、
集中し過ぎると、周りが
見えなくなるところがあるんです。

でも、エンパシーチャートを描くことで、
相手の気持ちに寄り添う言葉かけが、
自然に浮かぶようになりました!

……
ももこ
受講後は、どんなふうに
活用してくださってますか?

……
末吉さん
講座や読書会の告知文を書くときには
必ず使ってます。

時間がなくて、サラっと描いた時には、
なかなか人が集まらないのに、
しっかり気持ちに寄り添えて、
相手の懐に、ぐっと入れたなっていう
実感が持てる文章が書けた時には、
あっという間に満席になるんですよ。

……
ももこ
相手の懐に入る文章…
なんかいいですね^^

最後に、エンパシーチャートを描く時に、
工夫してらっしゃることは、ありますか?

 

 

◆まずは自由に思いっきり自分目線で書く

……
末吉さん
実は、最初の直観や、
ひらめきも大切にしたいので、
まず自由に、思いっきり自分目線で
文章を書いちゃうんです。

その後に、それを元に、
エンパシーチャートを描いて、
構成や表現を完成させる感じです。

……
ももこ
おお!その時に、
英語で描いたりするんですね!

……
末吉さん
ワンステップ多いのですが、
自分の心地いいリズムをこわさずに、
読み手目線、論理的な発想、
どちらも自由に入れられるので、
私にとっては、やりやすいんです。

……
ももこ
エンパシーチャートを、
末吉さんの良きパートナーにしてくださってて、
本当に嬉しいです!

今日はありがとうございました!

 

 

★末吉大希さんの本日のまとめ

◆英語のエンパシーチャートが日本語の文章を磨く!?
ご自分の講座で得られる体験や、価値を、
あいまいな表現で誤魔化さず、
真摯に言葉で伝えようとする、
末吉さんの姿勢に感動しました!
◆視点が反転して頭がパンクしそうに…
自分目線から相手目線に、くるっと視点が反転すると、
入ってくる情報が180度変わったりします。
楽しくもありますが、一瞬、クラッとしますよね…。
◆相手の懐に、ぐっと入れたなっていう実感
読み手のネガティブな感情を丁寧にみることで、
「こういう気持ちわかる。あるある!」と、
読み手との心の距離がドンドン縮まっていくそうです。
◆まずは自由に思いっきり自分目線で書く
最初に、頭の中にある言葉を出しきって、
スッキリしてから、エンパシーチャートにむかう。
オススメです!実は、このインタビューも、
文章→エンパシーチャート→スクリプト→文章でできてます。

 

.

今、このブログをお読みのあなたにオススメ
2万5000人の定番コピーライティングノウハウが無料!
▼ 詳しくはこちら ▼

ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

Pocket
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. WordPressテーマの選び方(無料/有料テーマを厳選)
  2. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート
  3. 5つの配信メディアと2つのライティング手法
  4. 神田昌典さんと中野巧の対談収録
  5. ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)

関連記事

  1. 理想の林檎『安祈世』
  2. エンパシー・ヒーローズインタビュー

    エンパシー・ヒーローズインタビュー

    満足度の証!リピーター毎月10人!ー 瀬戸家みのりさん★hero_040

    メルマガバックナンバー@エンパシーデザイン・ラボ通信(2015年7月2…

  3. エンパシー・ヒーローズインタビュー
  4. 004「起承転結」よ。さようなら。
  5. step

    コピーライティング

    売れるセールスレターを書く『4つのステップ』

    売れるセールスレターを書くための「4つのステッ…

  6. エンパシー・ヒーローズインタビュー
今、このブログをお読みのあなたにオススメ

2万5000人の定番コピーライティングノウハウが無料!

▼ 詳しくはこちら ▼


ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

ひと足先に、無料プレゼントをご活用の方から感想(コメント)をいただいています!



>>>こちらをクリックして、いますぐ【穴埋めテンプレート】を手に入れる!

『6分間文章術(中野巧著 ダイヤモンド社)』『売れる文章術(中野巧著 フォレスト出版』


1ヶ月で3万部!アマゾン総合1位獲得!
『6分間文章術 ―― 想いを伝える教科書』
(中野巧著 ダイヤモンド社)

Amazonでチェック

詳細をチェック


アマゾンの2つのカテゴリで1位獲得!

『売れる文章術』
(中野巧著 フォレスト出版)

Amazonでチェック

詳細をチェック

ピックアップ記事

  1. ブログやメルマガをはじめる文章力の基準は?
  2. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  3. メディア比較表02
  4. ブランド構築の7つの要素

最近の記事

  1. キャッチコピーの作り方とコツとは?3ステップの具体的な事例をご紹介
  2. 価格戦略で売上げを110%アップする事例と法則とは?
  3. 「ブログが継続できない」それは3つの罠のせいです。
  4. エンパシー・ヒーローズインタビュー

アーカイブ

  1. life

    人気記事

    ダメな文章(ダメ文)34選。とほほ…の、売れない!文章術
  2. ブランド構築の7つの要素

    人気記事

    ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)
  3. [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート

    人気記事

    [例文あり]ブログが簡単になる穴埋めテンプレート
  4. 人気記事

    【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?
  5. 人気記事

    【ネット集客】webで集客アップする方法を公開
PAGE TOP