いますぐ!文章で「結果」と「共感」を生み出す──エンパシーライティング・中野巧の公式ブログ

コンテンツとセールスの「線」をマーケティングで「面」にする

コンテンツとセールスの「線」をマーケティングで「面」にする
Pocket
LINEで送る

 

こちらの動画(ブランド構築の7つの要素)について、骨太なご質問をいただきました。

 

【 ご質問 】
—-
いつも 明快な図解で理解が促され、何となく上手くいったりいかなかったりした点が整理され、腑に落ちてきます。

一点 逆三角形のコアの図解でのコンテンツとマーケティングの配置に違和感があって、コンテンツが下のポイントにきてマーケティングとセールスが上の左右に配置されている方がしっくり感があるのです。

<中略>

コアとバックサポートの組み合わせでブランドが確立される点は納得なのですが三角形の各点の配置にも意味があるかと思います。

違和感がぬぐえるご説明があれば嬉しいです。
—-

 

こんばんは、エンパシーライティングの中野 巧(こう)です。

ご質問にお答えしていきますね。

 

【 中野巧からのお返事 】

骨太なご質問うれしいですね^^

 

■1:コンテンツとセールス

コンテンツ(商品やサービス)とセールスはセットで考えています。

どんなに素晴らしいコンテンツでもそれを求める人に知ってもらわなければ届けることはできません。

「線」でつながる1次元的イメージです。

 

 

■2:「線」を「面」にする

コンテンツとセールスのつながりは「線」としてイメージしています。

「線」を太くすることはできますが、「面」の広がりをもたらすために、もうひとつの要素として『マーケティング』が必要です。

マーケティングを行うほど、コンテンツとセールスの線とマーケティングの距離が広がり三角形の面積が大きくなります。

その面積がまさにビジネスの広がり(売上げ)と捉えています。

[コンテンツ ー セールス] の1次元を[マーケティング] によって2次元の三角形にしていくイメージです。

 

 

■3:システム化でチューニング

・コンテンツ
・セールス
・マーケティング
の三角形(ビジネスコア)が回りはじめたら、次は「システム」です。

効率化・最適化しながらビジネスコアをチューニングしながらシステムに集約させていきます。

すると、作業量を減らしながらさらなる売上を上げられるようになります。

また、新しい時間がつくれるようになりますので、「デザイン」や「マネジメント」にフォーカスすることができます。

すると、下の三角形ように、新たな広がりが生まれてきます。

 

 

いいご質問は自分の考えを整理するよい機会になります。
ありがとうございます!

 

質問フォームをシンプルにしました。
https://goo.gl/IXmWux

 

■メルマガ感想・質問の簡単フォーム

あなたの「ここがもっと知りたい!」やメルマガのご感想はこちらからお気軽にどうぞ。
https://goo.gl/IXmWux
※中野巧が100%読ませていただきます

 

▼ あわせて読みたい人気記事

★今、このブログをお読みのあなたにオススメ!1万人の定番ノウハウ。詳しくはこちら↓
ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

ひと足先に、無料プレゼントをご活用の方から感想(コメント)をいただいています!

>>>こちらをクリックして、いますぐ【穴埋めテンプレート】を手に入れる!
.

Pocket
LINEで送る

関連記事

中野巧プロフィール

中野巧プロフィール写真『エンパシーライティング』シンプルな1枚のチャートで「共感」と「結果」を生み出す、文章作成メソッドを開発。講座や講演、ビジネスにおけるセールスレターコンサルティング、執筆活動をしている。
▶︎ 詳しくはこちら


『売れる文章術』カバー  『6分間文章術――想いを伝える教科書』
著書に『売れる文章術』 / 『6分間文章術


▼ブログの更新情報・最新情報
(フェイスブックだから書ける話も^^)
フェイスブックを【フォロー】して最新情報をチェック!

ピックアップ

homestudy_banner

homestudy_banner

ラインナップ(エンパシーライティング)

フェイスブック(facebook)

▼中野巧の個人ページ chart_facebook フェイスブックで、最新情報をチェック! ▼フェイスブックページ(facebook page)

ツイッター(twitter)

YouTubeチャンネル

chart_facebook
中野巧のコピーライティング・マーケティング チャンネル 最新動画は【チャンネル登録】を今すぐ!

アーカイブ

  • [+]2017 (3)
  • [+]2016 (46)
  • [+]2015 (86)
  • [+]2014 (162)
  • [+]2013 (11)
ページ上部へ戻る