エンパシー・ヒーローズインタビュー

エンパシー・ヒーローズインタビュー

インドネシアでのエンパシー効果とは?ー 鈴木亮さん★hero_043

Pocket
LINEで送る

メルマガバックナンバー@エンパシーデザイン・ラボ通信(2015年8月20日)より

ももこさん02
文/インタビュー:エンパシーライティング・コーチ 平出ももこ

@@@

《今週のエンパシーヒーロー》:鈴木亮さん

中学校教諭を6年間勤めたのち、
10代からの夢だったインドネシアへ。
教育コミニティで授業研究をサポートする
学びのファシリテーター。

お話しているとやさしく熱心な
先生そのものですが、単身、
インドネシア全域を飛び回るその姿は
強靭な意志をもつチェンジメーカーです。

鈴木さんの活動にご協力ある方はこちらをご覧ください。
Asia Future Education Center

 

◆授業のコンテンツ作りに向いてます!

……
ももこ
鈴木さんはインドネシアで
学びづくりのファシリテーターを
されてると伺いました。

具体的には、
どんな活動をされてるんですか?

……
鈴木さん
ベネッセの支援をうけて、
インドネシアの6カ所の教育コミニティで、
学校の先生の授業づくりの
お手伝いをして7年目になります。

……
ももこ
すばらしい活動ですね!
そんな鈴木さんが、
エンパシーライティングを
学ばれたきっかけはなんだったんですか?

……
鈴木さん
サポートしている先生たちから、
ぼく自身が、
どうやって授業を作っているのか?

それを教えてほしいと
リクエストがあったんですが、
言葉で説明するのが難しく困っていました。

そんなとき、偶然見つけたのが、
書籍『6分間文章術』だったんです。

これはよさそうだ!と思って
使いはじめたのがきっかけです。

その後、休暇で帰国したときに、
エンパシーライティング・ベーシック講座
も受講しました。

……
ももこ
そうだったんですね。
実際に活用した感じはどうですか?

……
鈴木さん
まず、授業のコンテンツ作りには、
エンパシーライティングは、
とても向いてますね!

最初に、生徒に
『こんな風になってほしい』という
ゴールを立ててから指導法や流れを、
グループで共有しながら
考えられるのがいいですよね。

授業のゴールや、してほしい行動など
具体的になっているので、
成功したか、そうでなかったのか、
結果も見えやすいので、
振り返りもしやすいです。

 

 

◆先生たちがしゃがみはじめた

……
ももこ
先生たちの反応はいかがでしたか?

……
鈴木さん
具体的な感想は聞いていませんが、
僕が算数と理科の授業で実践したあと、
先生たち自身で国語や音楽の授業の
エンパシーチャートを描いて、
実践してくれてました。

最初はむずかしかったみたいですが
すぐに理解してましたよ。

インドネシアの人にも
エンパシーライティングは
あっていると思います。
一番の変化は、先生たちが授業中、
しゃがみはじめたんです。

エンパシーチャートを描いて、
授業のゴールや目的が明確になり、
そこを観察するために生徒をもっと見たい、

この子は、いまどんな状態かな?って、
1人1人の生徒に目線を
合わせようとしているのがわかるんです。

今までは、そんなことする先生は、
1人もいませんでした。

インドネシアでは、先生は授業中、
ほとんど黒板のほうを向いていて、
生徒を見るという文化はなかったようでした。

なので、その変化は、
同じ教員として、生徒への想いは、
やっぱり共通なんだ!と、
本当にうれしかったです。

 

 

◆できない気持ちをイメージする

……
ももこ
それは、めちゃくちゃうれしいですね~!
鈴木さんの想いが伝わった成果ですね!
他には何か変化はありましたか?

……
鈴木さん
そうですね、
インドネシアの教育は『できる子』
メインの考え方なんです。

なので、最初はネガティブ側の
『できない側の気持ち』を
イメージするのがむずしかったみたいです。

それが、ネガティブを、質問を重ねながら、
一緒にていねいに描くことで、
先生たちも上手にイメージ出来るようになりました。

『ポジティブ側への声かけ』の伏せんには、
授業のメインの活動。

『ネガティブ側への声かけ』の伏せんには、
できない子へのヘルプや支援の方法がでてきます。

このネガティブ側への支援こそが、
先生の大きな役割ですよね。

 

 

◆共感と応援されるチカラ

……
ももこ
ネガティブ側も、
ていねいに描いていくだけで、
自然に何をすればいいのかが、
浮かんできますよね。

……
鈴木さん
ぼくは今まで、現地の先生たちと、
どうにかして、もっとわかりあいたいと
思っていました。

教育に関してめざすところは
インドネシアの先生たちも
一緒だという確信がありましたが、
それを共有する方法がなかったんです。

それが、
いっしょにエンパシーチャートを
描くことで、イッキに解決しました。

今後は、
エンパシーライティングで、
子どもたちと、
作文の授業に挑戦したいですね。

インドネシアでは作文やプレゼンの
授業はほとんどないんです。

エンパシーライティングを知ることで
文章力と同時に、共感される自己表現が
身につくと思うんです。

共感されることは
まわりから応援してもらえる
能力でもありますから、
子どもたちにとって、
将来、大きな武器に
なっていくはずですから!

……
ももこ
わー!ワクワクしますね!

そのお話もぜひまた、聞かせてください!
今日は、貴重なお話を
ありがとうございました。

 

 

★鈴木亮さんの本日のまとめ

(まとめと言いながら書ききれなかったことも^^)

 

◆授業のコンテンツ作りに向いてます!
鈴木さん曰く「教え方を初めに考えては、子どもたちは学べないんです。まず子どもたちにどうなってほしいのか?そこから考えることが大切なんです」
それを伝えるのにも、120%の未来から現在を考えるエンパシーライティングはとても効果的でしたね!

◆先生たちがしゃがみはじめた
鈴木さんの活動のテーマの一つが『子どもたちの学びを観察し思考する』こと。
生徒を観察しなさい。目線を合わせなさい。
一言も指導しなくても、エンパシーチャートを描くことで、それが自然に行動化されました。素晴らしいです!

◆できない気持ちをイメージする
できない子の気持ちは、先生自身も経験してきた気持ちです。
自分自身の体験を自然に振り返るプロセスもまた、より生徒へ寄り添う気持ちを高めてくれます。

◆共感と応援されるチカラ
共感される自己表現ができることは、まわりから応援される能力です。
1人で出来ることは、本当に限られていますが、応援されるチカラがあれば、より早く大きな夢を叶えることができます。
子どもたちにとって、将来、大きな武器になりますよね。

 

.

▼記事を最後までお読みいただいたあなたに、プレゼント!

【無料】最新&9つのアクセスアップ手法プレゼント(2クリック)
2クリックで『最新アクセスアップ手法』を体験しながら、9つのアクセスアップ手法(プレゼント)をお受け取りください。下の図のように、左上のウインドウの【許可(Allow)】をクリックして、表示される【通知】をクリックするだけで、プレゼントが受け取れます。...




Pocket
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. エンパシーライティングの6大ツール・マトリックス
  2. フェイスブックで自分の過去投稿を一発で検索する方法
  3. ダメな文章(ダメ文)34選。とほほ…の、売れない!文章術
  4. 神田昌典さんと中野巧の対談収録
  5. 【徹底分析】なぜ「ブルゾンちえみ」のネタは読ませる文章の手本なのか?

関連記事

  1. エンパシー・ヒーローズインタビュー
  2. エンパシー・ヒーローズインタビュー

    エンパシー・ヒーローズインタビュー

    この本の『はじめに』はエンパシーで書きました!─中沢薫さん★hero_061

    メルマガバックナンバー@エンパシーデザイン・ラボ通信(2016年8月6…

  3. ネット集客、1つの突破口とは?

    *コピーライティング

    ネット集客、1つの突破口とは?

    インターネットで販売や集客をしたいけど・・・…

  4. エンパシー・ヒーローズインタビュー
  5. 『イラスト思考』松田純さん01.jpg
★今、このブログをお読みのあなたにオススメ★

2万人の定番コピーライティングノウハウが無料!

▼ 詳しくはこちら ▼


ブログが書ける魔法のテンプレ。無料or40%off

ひと足先に、無料プレゼントをご活用の方から感想(コメント)をいただいています!



>>>こちらをクリックして、いますぐ【穴埋めテンプレート】を手に入れる!

ピックアップ記事

  1. life
  2. ブログやメルマガをはじめる文章力の基準は?
  3. ブランド構築の7つの要素
  4. ブログやメルマガが続かない、たった1つの理由
  5. フェイスブックアクティビティ検索01

最近の記事

  1. Programmer
  2. エンパシー・ヒーローズインタビュー
  3. 講師スキルアップは◯◯を止めること

ピックアップ教材

homestudy_banner

homestudy_banner

ラインナップ(エンパシーライティング)

フェイスブック(facebook)

▼中野巧の個人ページ

chart_facebook

フェイスブック【フォロー】で最新情報をチェック!




▼フェイスブックページ(facebook page)

ツイッター(twitter)

YouTubeチャンネル

アーカイブ

  1. ブランド構築の7つの要素

    人気記事

    ブランド構築の7つの要素(コンテンツ/セールス/マーケティング)
  2. life

    人気記事

    ダメな文章(ダメ文)34選。とほほ…の、売れない!文章術
  3. フェイスブックアクティビティ検索01

    人気記事

    フェイスブックで自分の過去投稿を一発で検索する方法
  4. ブログやメルマガをはじめる文章力の基準は?

    人気記事

    ブログやメルマガをはじめる文章力の基準は?
  5. ツールのマトリックス

    人気記事

    エンパシーライティングの6大ツール・マトリックス
PAGE TOP